HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

当事務所の業務に関する内容や、一般的な用語についてなど
ご相談者からよくいただく質問をご紹介します。
下記フォームよりお気軽にご質問下さい。

ご質問一覧

司法書士と行政書士の違いがわかりません。それぞれの特徴を教えてください。
司法書士法という法律に基づき、その業務が定められ、主に以下の業務が司法書士の業務とされております。
•不動産登記、商業登記、供託の申請代理
•法務局への提出書類の作成
•裁判所、検察庁への提出書類(訴状、準備書面、告訴状等)の作成
•訴額140万円以下の簡易裁判所での裁判の代理
•訴額140万円以下の事件について、裁判外での和解手続き等を行うこと
•上記の各手続きに関する相談
このように羅列すると非常に分かりづらいかもしれませんが、身近な法律・法務に関する問題で紛争がまだ顕在化していないものに関しては幅広くご相談が可能です。
具体的には、不動産登記、商業登記はもちろんのこと、相続、遺言、離婚、会社法務、契約書、成年後見等のご相談が挙げられます。
手続をお願いする際の費用はどのくらいになりますか。
各手続について統一した報酬基準はなく、それぞれの事務所の自由裁量となっています。
当事務所では、事前のご相談の際に、手続費用についてお見積もりをご提示いたしますので、費用にご納得いただいたうえで手続に着手することとなります。ご安心してご相談ください。
いろいろな士業がありますが、誰に相談していいのかわかりません。そのような場合、どうしたら良いでしょうか。
日本には様々な士業が存在します。
それぞれ専門分野をもっておりますが、なかなかわかりにくいのが現状です。
当事務所では、各士業と連携しながら業務を行ってまいりますので、誰に相談していいのかわからない場合は、とりあえず当事務所にご相談ください。
依頼者様にぴったりの専門家をご説明いたします。
とりあえず相談したい場合の相談料はいくらくらいですか。
当事務所では、電話によるご相談の場合、相談料はいただいておりません。
また、来所いただいた場合の相談料についても一般的なご相談であれば、相談料はいただいておりませんので、ご安心してご相談ください。
なお、本格的なご相談の場合のみ1時間あたり5,000円+税となりますので、予めご承知おきください。
仕事が忙しく、相談に行きたいのですが、土日しか時間がとれません。そのような場合でも相談にのっていただけますか。
もちろん。土日祝日のご相談も承っております。
また、ご自宅や職場に伺ってのご相談も可能です。
当事務所のモットーは『フットワーク軽く』ですので、お気軽にご相談ください。
Copyright © 2017 曽根総合法務事務所 All Rights Reserved.